LEDってどういった物なのか?LEDの凄さに関心をよせてみた。

menu

LEDについて調べてみた

薄型のテープ状になった、紫色のきれいなLEDライト

LEDとはそもそもどんなもの?

LEDとはLight Emitting Diodeの略。 LED(発光ダイオード)とは、電圧をかけた際に発光する半導体素子(電子部品)の意味。

材料の違いにより、赤・オレンジ・緑など様々な色に発光するものがあるが、青色発光ダイオードの発明により光の三原色(赤・緑・青)がそろったのだ!これはすごいことで、光の三原色が揃うことで、ディスプレイなどの映像を表現することができるようになったのだ。これに伴い、薄型や軽量、省エネなど利点の多いLEDがディスプレイの分野を中心にその開発や発展に広く貢献してきた。

また、2011年3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震によって深刻な電力不足に陥り、日本国民だけでなく世界中の人達で節電意識が高まったことで、一気にLED照明への関心が高まっている。

LEDの光の特性。

蛍光灯や白熱灯などの光源と異なり、不要な紫外線や赤外線を含まない光を照らすことができるため、紫外線に敏感な文化財や絵画のような芸術作品、また光による熱を嫌う物の照明に用いられる。なお、紫外線領域に近い紫色LEDでは、紫外線を含む場合がある。 照明などに用いた場合は点灯と同時に最大光量が得られる。また点滅にも耐久性にすぐれており、クリスマスツリーのような装飾電灯にも向いている。さらに電流変化に対する光出力の応答が早く通信などにも利用されている。

「ダイオード」とは、そもそもなんなのか?

調べてみると、一般的な定義としては、「順方向に電圧を加えた際に発光する半導体素子」ということのようだ。 “じゃあ半導体ってなに?”ってことになりますよね。「半導体」の意味ですが、「導体」と「絶縁体」の中間的な性質を示すものです。「導体」とは電気をよく通す物質のことで、逆に電気を通さないものは「絶縁体」といいます。 半導体はこの二つに比してその中間的な性質を示しているものなので、そのまんま半導体。英語では “semiconductor” で “semi-” =「半分」と “conductor” =「導体」。

材料としては、ケイ素、ゲルマニウム、カドミウム、といったいろいろなものがあります。

半導体の最大の特徴
結局、半導体は何をするものかというと、ざっくりいくと、熱や光、磁場、電圧、電流などといった、物理的な外力によって、元々持っているその性質が顕著に変化できる性質を持っているということです。 例えば、電気を通した場合、その流れの方向を整えたり、電流が流れる途中で熱を発したり、さらには光を発したりします。こうした性質を使って電子機械に使われることが多く、いまや家電製品全般に欠かせないものとなっています。

また、P型半導体とかN型半導体、トランジスタ、ICとか、もっとややこしいのもあるので興味があれば、わかりやすい良いサイトをみつけたので行ってみてください。
こちら ⇒ http://www.tel.co.jp/museum/exhibition/principle/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年11月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930