LEDってどういった物なのか?LEDの凄さに関心をよせてみた。

menu

LEDについて調べてみた

LED照明の一般的なモデル写真

LED照明の特性

LED照明の特性をいかした設置場所

LED照明は部屋全体を照らす「全般照明」では蛍光灯や白熱電球にまだ後れを取っていますが、部屋の雰囲気を上げる演出用の「部分照明」としては非常に優れた特性があり、デザイン照明として非常に多くの商品が市場に出ています。

特性の1つとして、LED照明は即時点灯性が優れている非常に良い照明です。電流を流した瞬間に100%の明るさを得ることができる応答性の良さが利点となります。ほぼ同じ消費電力の蛍光灯電球は、点灯した瞬間は本来の70%程度の明るさしか出ず、数十秒後に100%点灯となります。また、蛍光灯はスイッチのオンオフの繰り返しで寿命が短くなり、1回のオンオフで約1時間の寿命が短縮されると言われていますが、LED照明は点滅に強く、頻繁なスイッチのオンオフでも寿命に影響があることはありません。従って、「トイレ」や「洗面所」「玄関(センサー制御)」「廊下(センサー制御)」といった用途に非常に適しています。

 

LED照明の寿命

もうご存知の通り、LED照明は寿命がとても長く、交換が困難な場所(狭い隙間など)や高い所、年配な方で交換が大変な場合など、頻繁な交換が不要であるため手間が掛からず、
メンテナンス代や維持管理費を安く抑えることができます。LED照明の寿命までの点灯時間は約40,000~60,000時間あり、白熱電球の40倍、蛍光灯の4倍~5倍の点灯を維持することができます。

実際にLED照明を使用していくと気づくと思いますが、メーカーが提示する期待寿命を超えても長時間点灯し続けますが、あまり良くはありません。LED照明本体の半導体の劣化や、電源ユニットの劣化が進行することによる発火の危険性もあるので、所定の使用時間を超えたLED照明は交換することが望まれます。

 

LED照明が向かない場所

LED照明は設置場所によっては、大きく点灯寿命が短くなる場合があります。じつは熱に弱く、耐熱温度以上の高温にさらされると、早期の光束低下、素子間を接続している金ワイヤーの断線、素子固定用の銀ペーストの剥離などの不良を発生させることがあります。LED照明の寿命は放熱に大きく左右されます。

その理由として、LEDはあまり熱を出さないと言われていますが、やはり多少の熱は発生します。特に電子部分は照度を高めるために基板に大電流を流し、強く発光させなければならないのですが、この基板への電流が熱になり、うまく熱を逃がすことが出来なければ、これら電子回路が寿命となってしまうことがあります。そのため、熱が溜まりやすい囲まれた場所や、気流の発生しない無風の部屋や倉庫、高温になりやすい部屋(風呂場や夏季の室外にある倉庫)などでは、大きく点灯寿命が短くなり不良を発生させるので、そういった場所での使用は避けてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年11月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930